リアルフコイダンは、トンガ産天然モズクを使用した高純度・高濃度フコイダンです。

リアルフコイダン

リアルフコイダン - TOPTITLE1リアルフコイダン - TOPTITLE2
リアルフコイダン リアルフコイダンHOME リアルフコイダン - フコイダンとは? リアルフコイダン - リアルフコイダンの特徴 リアルフコイダン - 毒性試験結果 リアルフコイダン - 成分分析結果 リアルフコイダン
リアルフコイダン - メディカル・アドバイザー リアルフコイダン - フコイダンの記事 リアルフコイダン - 特商法表示 リアルフコイダン - ご注文はこちら リアルフコイダン - お問合せ

フコイダンとは?



フコイダン」は、1913年スウェーデンの学者でウプサラ大学のキリン教授がコンブのヌメリ成分のひとつとして発見したものです。
フコイダン」とは海藻の中でもコンブ、ワカメ(メカブ)、モズクといった褐藻類にのみ含まれるヌメリ成分に存在する水溶性食物繊維の一種です。
科学的には硫酸化フコースを主とする多糖体で、硫酸基をもちフコース以外にガラクトース、キシロース、マンノース、ウロン酸などで構成されています。
明確なフコイダンの定義は未だ定まっておらず一般的には主成分がフコースである糖鎖の総称として「フコイダン」や「フコイダン多糖体」と称しています。
当社では、高品質の天然モズクを原料に高純度で抽出した、主構成糖としてL-フコースを含有しエステル結合した硫酸基をもつものを「フコイダン」と称しています。
リアルフコイダンの製品の原料はすべてモズク抽出物を精製し一旦、粉末化しています。
外観は薄黄褐色粉末をしています。
また海藻由来の有害物質であるヒ素、ヨウ素を精製の段階で徹底的に低減化しています。
フコイダン」とは、そもそも高分子多糖体といわれるもので多糖類とはL-フコースや硫酸基などの分子の結合が非常に強く壊れにくいものをさします。
これまでに報告されている研究でも「フコイダン」は高分子多糖体であるがゆえにその作用を発揮するとされています。
高分子では体内への吸収がされにくいという議論もあるようですが「フコイダン」のような多糖類に関しては吸収という面からだけで説明するのは無理があるようです。
 


| リアルフコイダン | フコイダンとは? | リアルフコイダンの特徴 | 毒性検査結果 | 成分分析結果 |
| メディカル・アドバイザー | フコイダンの記事 | 通販規定・特商法表示 | ご注文 | お問合せ |
リアルフコイダンSince:2006年6月10日
Last Update:2009年09月03日
全ページがIE6及びFirefox3.0/800×600ピクセルで最適に設定されています。
リアルフコイダンのアレース株式会社 リアルフコイダン ページTOPへ