SEO対策ディレクトリ型検索エンジンARIES☆SearchSEO Tipsです。

SEO Tips TOPページ 下の【メニュー】から選択してください。
このSEO Tipsに記載されていない・記載されていても意味が解らない・間違っている点などありましたら、【連絡フォーム】または掲示板などから、ご連絡ください。
 

SEO Tips メニュー
1 SEOって何?
2 リンクと設定方法
3 alt属性と設定方法
4 Googleのページランク
5 バックリンク被リンク
6 ディレクトリ型検索エンジン
7 ロボット型検索エンジン
8 METAタグ
9 キーワード出現率
10 重要なタグ
11 検索上位表示のためには
12 本当の意味でのアクセスアップとは
13 Google Sitemaps

説 明

意味:インターネットに公開されているWEBサイトの情報をカテゴリー別に分類し検索出来るようにしたWEBサイトのこと。


ディレクトリ型検索エンジンは人間の手作業で登録されるのでロボット型検索エンジンよりも情報量は少ない。

ディレクトリ型検索エンジンというと何といってもYahoo!JAPANが有名。

最近ではディレクトリ型検索エンジンもロボット型検索エンジンと同様に全文検索機能を搭載されるようになってきています。


具体例をYahoo!JAPANで説明します。

Yahoo!JAPANのTOPページにある「Yahoo!カテゴリ」、これがディレクトリです。

検索窓にキーワードを入力して検索ボタンを押してみてください。

「Yahoo!登録サイトとの一致」の部分がディレクトリ型検索エンジン検索結果です。(検索結果:少)

「ページとの一致」の部分がロボット型検索エンジン検索結果です。(検索結果:多)


Yahoo!JAPANのカテゴリに登録されることはSEO的にかなり有効な手段です。

ここで、【4 Googleのページランク】の項目を思い出してください。

Googleガイドラインに『ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票とみなし、Googleはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。しかしGoogleは単に票数、つまりリンク数を見るだけではなく、票を投じたページについても分析します。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです。』と記載があったと思います。

Yahoo!JAPANという重要度の高いサイトからリンクされるところは重要度の高いサイトになるからです。

※はっきり言って、ビジネスエクスプレス(有料)を利用しなければ、Yahoo!カテゴリに登録されるのは至難の業になりつつあります。


当サイトもディレクトリ型検索エンジンの端くれです(汗

Yahoo!JAPANのページランク10(TOPページ)とは比べ物になりませんが、とりあえずページランク5(TOPページ)ですので標準的なサイトよりは「重要度の高い」サイトとGoogleさんは判断しています。

Googleガイドラインの理屈から言えば重要度の高いサイトからリンクされることはSEO的に有利になるはずなので当サイトに登録することもSEO的に少しは有効な手段です。

更に、【2 リンクと設定方法】にも記載しましたが、「自サイトにリンクしてくれているサイトが自サイト以外にどれだけリンクしているか」が重要なので、当サイトの各カテゴリページは(発リンクを100未満にするため)10サイトずつにしています。

なお、ページランクが低い中小ディレクトリ型検索エンジンに登録することも『ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票とみなされる訳ですから、効果は薄くともSEO的に有効な手段ですので積極的に登録していきましょう。