SEO対策ディレクトリ型検索エンジンARIES☆SearchSEO Tipsです。

SEO Tips TOPページ 下の【メニュー】から選択してください。
このSEO Tipsに記載されていない・記載されていても意味が解らない・間違っている点などありましたら、【連絡フォーム】または掲示板などから、ご連絡ください。
 

SEO Tips メニュー
1 SEOって何?
2 リンクと設定方法
3 alt属性と設定方法
4 Googleのページランク
5 バックリンク被リンク
6 ディレクトリ型検索エンジン
7 ロボット型検索エンジン
8 METAタグ
9 キーワード出現率
10 重要なタグ
11 検索上位表示のためには
12 本当の意味でのアクセスアップとは
13 Google Sitemaps

説 明

SEO対策検索上位表示のために必要だと思われることを列挙します。


  1. バックリンク(被リンク・リンク元)を増やすために中小検索エンジン・リンク集に登録する。
  2. Yahoo!JAPANカテゴリやGoogleカテゴリ(dmoz)に登録する。
  3. 積極的に相互リンク依頼をする。
  4. 相互リンクしてもらうサイトは、出来るだけ自分のサイトと同じテーマのサイトがいい。(違うテーマのサイトでも効果は減りますが断る必要はない)
  5. 相互リンクしてもらうサイト(ページ)は、出来るだけリンクを発している数が少ない方がいい。(発リンクが多くても効果は減りますが断る必要はない。)
  6. キーワード出現率を一応5%程度にする。(これは明確な数字ではないのであくまでも目安として)
  7. bodyタグ直下のキーワード出現率を高くする。
  8. メタkeywordsには、検索上位表示したいキーワードを左から順番に10個以内(出来れば8個以内?)且つ全角500文字以内で記述する。
  9. メタdescriptionには、キーワードを含めて160byte(全角80文字)以内で記述する。
  10. キーワードには、重み付けタグ(hタグやstrongタグなど)を設定する。
  11. titleタグには、キーワードを2ワード(最大3ワード)含め、全角20文字以内(出来るだけ完結に)で記述する。
  12. 検索エンジン登録・相互リンクの折には、 テキストリンクの場合:キーワードを含めてアンカーテキストとしてもらう。バナーリンクの場合:必ずキーワードを含めたalt属性の設定をしてもらう。
  13. 自サイト内でのリンクであってもキーワードを含めたアンカーテキストにする。
  14. クローラー(ロボット、スパイダー)の読み込みミスを防ぐため、出来るだけソースはシンプルにする。